キュレーションについて考える | ハンブルナビ

スポンサーリンク

スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

キュレーションについて考える

スポンサーリンク

Curation (キュレーション) について
ご存じですか?
最近では当たり前のように聞き慣れたキュレーション。

はたしてキュレーションって何?って方のためにわかりやすく解説してみます。

先ずは、
キュレーションを日本語に変換すると「おまとめ」が一番適切な用語になります。

では何がおまとめされているのか?
それは「情報」となります。
その情報を見える化したものと言い換えることが出来ます。

一般的にはIT用語となるのでネット上のおまとめサイトのようなモノを指す事に
使用されています。
例えば皆さんに認知度の高いサイトを紹介すると「NEVERまとめサイト」のようなものですね。

しかし、
よくよく考えるとこのおまとめサイトは独自サイトと呼べるのでしょうか?
単なるコピペの集めただけのサイトと言えないでしょうか?

ではキュレーションサイトとコピペまとめサイトと何が違うのか?に関して考えてみると
「ここ」と「ここ」は関連性が高いのにもかかわらず凄く良いことが書いてあるな。
これって主観です。
そう、あくまで作者また情報収集者の完全なる主観ですね。

このキュレーション(おまとめ)を行う人の事を
キュレーターと呼びます。

わかりやすく言うと、
キュレーションはあなた自身
キュレーターはあなたの思考そのもの


要は貴方自身と同じです。
えっ?
何が?

これは私の独自の考え方なのですが私達人間のもつ情報そのものが
全て他の人から得た情報なんですね。
この情報を元に私(人間)は出来ています。

親・兄弟・知人・先輩後輩・・・・・・

色々な方とお話をし学んだ成果が現在の自分
好きな洋服やデザインも他の方から得た情報を元に自分で選択しアレンジしています。
好きなカバン・腕時計・携帯電話やスマートフォン・車・・・・などなど
つまり人間は誰しもキュレーションそのものなんですね。

それをインターネット上に見える化したものがキュレーションサイト。
ですから、貴方が作成したサイトやブログそのものもキュレーションといえる訳ですね。

そんなキュレーション的人間がこぞってFACEBOOKなどSNSで情報を発信しているので
ほんと「キュレーターの集まり場」と言ってもいいかもしれませんね。

そう考えると世の中の今後の流れは益々キュレーション化してくるし
よりスピードがあがると言う事になりますね。


関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

New Posts

Category

work (23)
tag (1)
desigh (0)
tool (2)
freesoft (2)
private (11)
未分類 (9)
money (3)

プロフィール

ハンブル

Author:ハンブル
ご覧いただきありがとうございます。
自分の学びをまとめています。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、
Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、
ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。
http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。