自分を中心に考える | ハンブルナビ

スポンサーリンク

スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

自分を中心に考える

スポンサーリンク

相手の立場にたってモノを考えているか。
それとも自分の立場で考えているのか。
あるイベントがありました。

私は、自分の立場で参加をしたいかというと参加したくなかったんです。
でも、
お世話になった方の為に参加を表明しました。

その後・・・・



=結果として迷惑をかける=

本来何に関しても自分の成長を促す目的がはっきりしていた上で
自分にとって必要と感じていたなら
相手の立場や業績など関係なく自分の意志を伝えるのが先決。


その時に自分の意志がハッキリとしていないと
先に言い訳を準備してから行動を取ると言う事を発見しました。


もしあなたが、
周りの人の為や上司や先輩の為にと考えて行動したにも関わらず
成果を手にすることが出来ないようなことがあったならば
一度立ち止まって考えてみるのもいいだろう。



=相手本位と自分本位=

世の中には、「相手のために」「お客様のために」などと綺麗な言葉を流暢に使い
貴方が貴方自身を見つめるチャンスを無くす機会が多くありますし
貴方自身を排除させようとすることがあります。



=相手本位と自分本位は表裏一体=

相手は貴方で貴方は相手

いつも鏡の自分に自分は発信していると言っていいでしょう。
相手の顔や姿が違うことで”自分とは違うもの”と捉える自分を変えると
見え方が変わってくるかもしれません。

そこで敢えて言うなら、
自分本位で行こう!と言う事です。


・貴方は間違っていない。

・貴方は正しいよ。

・自信を持って

・とにかく行動しよう。

・貴方の存在はかけがえのないものだよ。


まじめな人ほど、このスパイラルにハマるような気がします。
そこであえて提言したいことは

・貴方はあなたでしかない。

・相手になどなれはしない。

・相手をわかったと思っているのは思い込んでいるだけでしかない。


=しっかりと自分の意志を伝える=

以上のことなどからも分かるように結局は自分のやりたい事しか人間はしていないのだ。
にも関わらず事実を認めない。
そこからズレを生じ体調不良や下向きなものの考え方になってくる。

なのでしっかりと誰に言われても曲げない自己中心を貫くのも一つ大事な事ではないでしょうか。




・・・・結局、
私は参加を表明しておきながら断りをいれました。
スチュエーションは違えど同じことを何度も何度も繰り返しています。
本当に成長が無いと反省しますが、
このようにアウトプットすることが出来てやっと外にだすことが出来たと思っています。


この習慣は実はネット上で活字の交換をさせて頂いている女性との出会いがキッカケでした。
自分の中のアウトプットする情報はまだまだ多くありますが
これは何十年と生き続けている私にとっては凄い変革を起こし始めていると思います。


現在は情報のインプットを遮断し日々行動のみしていますが、
その女性の方には感謝してます。


人には出会いとタイミングがあります。
貴方もタイミングを見つけるために自己中心でかまいませんから
どんどんコミュニケーションしていきましょう。

気づいた時が変わる事が出来るタイミングです。




関連記事

タグ/
コメント一覧

ヨハネス@元警備員

どうもこんにちは
ヨハネス@元警備員です。

自分本位で行動すると
相手から嫌な風に思われることがありますが、

かといって
無理してそれに合わせていっても
とても疲れてしまいますからね。

だからこそ
自分の意思を出すべきとこでは
出していった方がいいのかもですね

応援しております

2015/03/09 Mon 15:46 | URL

ヨハネス@元警備員さん ハンブル

そうなんですよね。

その嫌なふうに思われることを自分が望んでいないのなら
あえて嫌なふうに思われる行動や発言であったとしても
良いと自信をもてる自分がつくれたら最強ですよね。

2015/03/09 Mon 19:55 | URL

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

New Posts

Category

work (23)
tag (1)
desigh (0)
tool (2)
freesoft (2)
private (11)
未分類 (9)
money (3)

プロフィール

ハンブル

Author:ハンブル
ご覧いただきありがとうございます。
自分の学びをまとめています。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、
Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、
ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。
http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。